まんがに邪道なし! 手塚治虫伝

b0139871_22133321.jpg
b0139871_22134971.jpg
b0139871_2214750.jpg
b0139871_22142624.jpg
b0139871_22144185.jpg
b0139871_22145773.jpg
b0139871_22152332.jpg
b0139871_22153567.jpg
b0139871_22154999.jpg

(続きは、記事の下の More というトコロをクリックしてください)

これは、小学館「小学四年生」の、95年2月号の付録、
「ドラえもんの 20世紀ビッグ人物伝」に書いた
「手塚治虫伝」です。

当時、僕は、イラストレーターの杉山真理さんとコンビで、
小学四年生の読者ページを担当しておりました。
読者のハガキを読んで、面白いのを選んで、
まんがで構成して、読ませるページですね。
11年間やってました。

で、この94〜95年の、小四読者ページは
「グレートチキンパワーズのボンジュボンぱにっく!」というタイトルでした。
当時、人気者だった、ブレートチキンパワーズという
若手お笑いコンビをフィーチャーしたページ。


で、そんな仕事をやってるとこに、
「まんが偉人伝」みたいな付録を作る・・・という企画が編集部で決まり、
「手塚治虫は、うおりゃー大橋にやらせよう」という
ありがたいお話が来ました。

普段から、「昔の漫画に異様に詳しい、変な漫画家」との定評があったので、
白羽の矢がたったのでしょう。
以前の「読者ページ担当編集者」であるWさんが、
この付録の担当で、僕をよく知っていて、推薦してくれたようです。

Wさんは、のちに「平成版鉄腕アトム」がアニメになったとき、
小学館側の担当として、活躍したとかいう話で、
「子供のころからの相当な手塚ファン」でした。
僕より、5つくらい年下なんですが。

ですから、この漫画には、なみなみならぬ熱意があり、
打ち合わせではケンケンガクガク、意見の交流がハデでしたね。

この漫画は、ちゃんと「手塚プロ」の監修も受けております。
もとの「付録版」では、「○C 手塚プロダクション」等の
クレジットもあり、手塚先生のオリジナルの絵が
漫画の中に引用されていました。

ですので、長い間、ウェブ公開を控えていたのですが、
いまだに「あの漫画で、はじめて手塚先生の凄さを知りました」とか、
当時小四で、いまは「立派なおとな」のかたから、
熱いメッセージを、つづけさまに何通もいただいたので、
ゲリラ的に公開することにします。

漫画の中の「手塚治虫先生ふうの絵」は
今回、うおりゃー大橋が「模写」したものです。
見る人が見れば、まるわかりなのですが、僕のクセが相当に出てます。

なにしろ、ここに飾るデータに貼付ける前、
友達の漫画家、漫画マニアに見せて、
10人くらいに「似ていない。下手な模写だ」と
お墨付きいただいたくらいのもの。
著作物の無断使用では、決してありません。

ただし、掲載当時の担当者Wさんや、当時の編集長、
そして、当時、監修していただいた「手塚プロ」の担当者さんに
「許可」はもらっていません。

「僕が書いたんだから、文句はいわれないだろ。お金とるわけじゃないし。
クレームが来たら、さっさとひっこめます。もちろん謝ります」という
イイカゲンなスタンスです。

まあ、「手塚先生の事を知りたい」という、
子供たちの気持ちに免じて、見て見ぬふりしてくれるだろ・・・という
アバウトな考えですね。勘弁してください。

More
[PR]
# by manga_ijinden | 2008-04-16 22:58 | 手塚治虫ギャグ篇

新ブログはじめました。

学習漫画を書いているのですが、
学習雑誌に載った「漫画」は、ほとんど単行本になりません。

「偉人伝」の類いの学習漫画も、さんざん書きましたが、
全然、単行本にならない。

いっぽう、自分のホームページで
何本か、「まんが偉人伝」を紹介していますが、
「検索」で、調べて、読みに来る人が多いようです。
つまり、「まんが偉人伝を読みたい」と思う人は多いようです。

特に、子供が、
宿題かなんかで調べものをしてて、
読みにくるみたいです。

そこで、ブログ形式で「お蔵だし」をすることにしました。

タダなので、どんどん読みに来ていただきたい。

内容的には、どれもこれも、
ちゃんとした版元の、ちゃんとした編集さんが
監修を関係者にお願いして、吟味してありますので、
いちおうは折り紙付き。

ただ、「偉人の評価」や「新たに分かった新事実」とかは
時代とともに変わるので、タイムラグが原因で
「最新の通説と違う」ということもあります。ご了承ください。

また、「小学生読者」を想定してあります。
「わかりやすく」伝えるため、漫画ならではの「強調」「省略」は
あります。
小学生むけの伝記『まんが』ということを、念頭に置いていただいて、
読んでいただけると、ありがたいです。

漫画のあとに、オマケとして、
漫画執筆当時の「思い出話」も、つけておきます。

また、このブログでは、
「うおりゃー大橋(大橋よしひこ)」のギャグタッチの伝記漫画のほかに、
その伴侶である「富士山みえる」の正統派の伝記漫画も
あわせて、紹介するつもりです。

「つもり・・・」というだけで、どうなるかは、まだわかりませんが。

では、皆様、よろしくお願いします。
[PR]
# by manga_ijinden | 2008-04-16 21:47 | お知らせ